Ljk8p3e26okxeg5dx0ui

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【体験記】嫁のオナニーを目撃!旦那としての正しい対処法を知っておこう!

2021.01.22

嫁のオナニーを目撃してしまった時って、どうすればいいのか分からなくて本当に焦りますよね。もしかすると嫁のオナニーは、何かしらのサインを出しているかもしれません。当記事では嫁のオナニーを目撃した時の正しい対処法を解説していきます。

この記事に登場する専門家

Fsr6g9wopfwskchcxlir

下半身の言いなり

夜遊び太郎

幼少時代からお姉さんの身体に興味があったことを覚えています。年月がたった今も性欲は衰えること無く、風俗遊びはもちろん、夜の繁華街で素人ナンパに勤しむことも…。おすすめの夜遊び方法やセックスのテクニックまで幅広くお伝えします!

  1. 嫁のオナニーを目撃した時の正しい対処法とは
  2. 確かに!嫁のオナニーを目撃したならとるべき対処法4選
  3. 気をつけて!嫁のオナニー目撃した時の注意点
  4. しまった!嫁のオナニーを目撃した際の苦い体験談
Jsukvrkmnuqps3basgoc

こんにちは。


嫁のオナニーを目撃してしまった回数が100回を越える、夜遊び太郎です。


嫁のオナニーを目撃してしまい、どう対処すれば良いのか分からず、とりあえず見過ごしてしまった・・・なんて経験ありませんか?


夜遊び太郎も嫁のオナニーを目撃したての頃、どうしたら良いか分からず、とりあえず隠れようと思って、子供の勉強机の下にずっと隠れていました。笑


ただこうして対処法側が分からず、見過ごしてしまっているだけだと、その内思ってもいない事態になってしまうかもしれません。


あの時の嫁のオナニーは、そうゆうサインだったのか・・・。


なんて後悔する事がない様に、嫁のオナニーを目撃した際に取るべき対処法をこれから学んでいきましょう!


ちなみに夜遊び太郎が、後悔した回数は30回以上にも及びますよ。笑


何故?嫁のオナニーを目撃したなら対処法を考えるべき理由

何故、嫁のオナニーを目撃した際に、取るべき対処法を考えた方が良いのでしょうか?


それは何らかのサインを発している可能性がある、からです。


「確かに最近、嫁とSEXしてないし会話が少なくなってるかもな・・・」なんて心当たりがある人は、更に可能性が高まるでしょう。


とは言っても、ただの考えすぎであるケースもたまにありますよ。


夜遊び太郎の元妻は、オナニーする事が大好きだった様で、ただ単純にオナニーしたかっただけらしいです。笑


その時も夜遊び太郎は、子供の勉強机の中にずっと隠れていました。笑


なので悪いサインしかない、という訳ではありませんので安心してください。


ただサインを見逃してしまうと、大変な事になってしまう可能性もあります。


なので、これから嫁のオナニーを目撃した際の対処法を学んでいきましょう。

Ephlhwppbcn9msohgnlu

ではこれから嫁のオナニーを目撃した際の対処法を学んでいきましょう!




①今までの性生活を振り返る

今までの性生活を振り返ってみてください。


セックスする回数が減ってきていたり、ハグなど体の触れ合いがなくなってきていたりしませんか?


もしかしたら嫁のオナニーは、性生活が充実していない事による欲求不満のサインかもしれません。


夜遊び太郎のオナニー大好きな元嫁の場合は、セックス頻度も高く、体の触れ合いも充実していましたね。


なのに嫁はオナニーをしていました。笑


そんな事もありますが、もしセックスの頻度が落ちてきているなら、注意すべきかもしれません。


もしかしたら、欲求不満すぎて不倫に走ってしまうかも・・・。


そうなってしまうと家庭崩壊にも繋がりますので、要注意です。

②体を重ねる努力をする

もし、今までの性生活を振り返った時に問題があると思ったなら、改善をしていきましょう。


セックスの頻度が落ちてきているなら、嫁のオナニーを目撃した際に誘ってみるといいでしょう。


夜遊び太郎の現嫁とは、嫁がオナニーしているところからエッチを始める様にしていますよ。笑


非日常で結構、興奮します。笑


ただ最初の頃は、嫁がオナニーしている時にエッチを誘うなんて中々難しいと思います。


なのでその場は無理せず、その日のリラックスタイムにエッチを誘ってみるのも良いでしょう。

③相手を満足させるセックスをする

Tmcsa0jk7ybmkjtptdmc

エッチする時になったら、嫁が1人寂しくオナニーしていた時を思い出し、ひたすら嫁を慰めてあげる様にしてください。


1人寂しくオナニーしていた嫁を、満足させるセックスをしましょう。


夜遊び太郎は、嫁が1人寂しくオナニーしていた時を思い出しながらセックスしていただけで、自然と嫁を満足させるセックスができる様になっていましたよ。笑


嫁のオナニーしている姿を思い出しながらセックスするなんて、変態みたいだなーとも思っていました。笑


満足させるセックスをする為には、嫁の性感帯を開発してあげる気持ちで、手マンやクンニを沢山してあげるといいでしょう。


嫁にオナニーを自分の前でさせたり、おもちゃを使うのも非日常的でいいかもしれませんね。

④問題ないなら見過ごす

今までの性生活、体の触れ合いを振り返ってみて問題がないなら、見過ごしてもいいでしょう。


夜遊び太郎の元嫁の様に、オナニー大好きな嫁もいるかと思います。


その様な場合はむしろ、見過ごしてあげた方が良いかもしれません。


夜遊び太郎の元嫁の場合は、元嫁がオナニーしていた事を気にした時間が、本当に無駄でしたね。笑


「時間よ、戻ってくれ!」とあれほど思った事は他にないくらい、時間を浪費しました。笑


男もセックスとオナニーは別って人が多くいますから、女性も同じなんでしょうね。


問題ないと確信できるのなら、時間を浪費しない為にも見過ごしましょう。

U2thwp0kwcqcxpyjxzfl

以上が嫁のオナニーを目撃した際の対処法でした。


嫁のオナニーを目撃した際に、何か対処をするなら注意点があります。


夜遊び太郎はこの注意点を怠った経験が多くあります。笑


案の定、めっちゃ悲惨な目に合いましたよ。笑


皆さんは夜遊び太郎の様に目に合わない様、注意してくださいね〜。笑

①相手に言わない

嫁のオナニーを目撃した事は、嫁に言わないでくださいね。


オナニーってとってもデリケートな行為です。


夜遊び太郎は中学生の頃、オナニーしていた時にいきなりオカンが入ってきて「何オナニーしてんねん!」と大声で言われた事があります。笑


その出来事以来、オナニーしようとする時に周りの人の物音、足音を敏感に感じる様になってしまったのです。笑


それではせっかくのオナニーがもったいないですよね。


嫁がオナニーを平和に行える様、嫁のオナニーを見た事は言葉で絶対に言わない様にしましょう!

②ジロジロ見ない

嫁のオナニーをジロジロ見ない様にしましょう。


オナニー中は性器に集中している為、ジロジロ見てもバレにくいかと思います。


でも自分がオナニーしているのを誰かにジロジロ見られていたら、凄い嫌な気持ちになりますよね。


自分がされて嫌な事は他人にしない、ってやつです。笑


夜遊び太郎は嫁のオナニーをジロジロ見すぎて、嫁にバレた事が何度もあります。笑


「ジロジロみやがって!気持ち悪いんだよ〜!」と言われ、オナニーに使用していたバイブを思いっきり投げつけられ、全治二週間の打撲を負いました。笑


夜遊び太郎みたいにジロジロ見すぎると、関係が悪化してしまうので気をつけてくださいね。


③決めつけない

嫁がオナニーしていたからといって、絶対欲求不満だ!などと決めつけたりしないでください。


嫁はただオナニーが好きなだけかもしれません。


たまにしかオナニーしないけど、何とな〜くオナニーしてただけかもしれません。


夜遊び太郎の元嫁はただのオナニー好きでしたが、夜遊び太郎は自分のセックスが下手だからだと決めつけ、自分を攻めていました。笑


そうなるとトラブルになったり、時間を浪費する事になるので気をつけてくださいね。

Qbpslzf1qkvjt3mlasux

こうした記事を書く夜遊び太郎も、嫁のオナニーを目撃し間違った対処法をした事で苦い体験をした事があります。


若かった頃、夜遊び太郎はPCMAXで出会いを探していました。


多くの美女とPCMAXで出会い、お付き合いをした中で段違いに惚れ込んだのが元嫁です。


ただ元嫁はオナニーが大好きだった様で、毎日の様に私が眠りについてから横でオナニーをしていました。


夜遊び太郎は元嫁が1人オナニーをしている原因は、夜遊び太郎のセックスの下手さにあると決め込んでしまいました。


そこからは当然、解決の糸口も見つからずただ時間だけを浪費し、結局元嫁はただのオナニー好きだったという事が判明したのです。笑


とっても時間の無駄でした。笑


元嫁と別れた後は再びPCMAXで更に多くの美女と出会い、今の嫁に惚れ込みました。


今では嫁のオナニーを目撃しても、正しい対処法を知っている今の夜遊び太郎には、恐れるものはありません。


今の嫁とはとても幸せな関係を築けています。


これもPCMAXと嫁のおかげです。


以上、嫁がオナニーしているのを目撃した時の正しい対処法でした。


皆さんも嫁がオナニーしているのを見てしまったら、正しい対処法を学んだ上で対処し、嫁との関係を更に良いモノにしていきましょう!