Veupsjohu6mfqdbuegyv

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【風俗嬢が解説】茶臼のばしで楽しむスローセックスのススメ!48手体位で楽しもう!

2020.12.14

江戸48手の体位の1つである「茶臼のばし」。初心者でも取り組みやすく、その密着度から普段とは違う気分でセックスを楽しむことができます。最近セックスがマンネリ化しているな…というカップルにもオススメの体位。そのやり方と実際の体験談も含めご紹介していきます。

この記事に登場する専門家

Qwrmfhn3c1pe9nunc3c0

風俗経験ありエロ好き女子

アブノーマル子

女の子だって性欲はあるんです!をもっと世の中に広げたい!内緒ながら風俗店では淫乱キャラで数多の男を骨抜きにしてきました…。キャバやスナック経験からありとあらゆる男性とのコミュテクを会得してきました。もちろん素人のナンパさんも歓迎です♡夜のテクニックを伝授します!

  1. 「48手体位」って?
  2. 「茶臼のばし」のやり方
  3. 「茶臼のばし」楽しみ方
  4. スローセックスを楽しむ
  5. 「茶臼のばし」以外にもある【茶臼のバリエーション】
  6. 【体験談】「茶臼のばし」で素敵な夜

こんにちは!!風俗4年目、彼氏には一筋アブノーマル子です。

こんな私が、彼との関係を楽しむための秘密のテクニックを今日はご紹介しますね。

Xgsh5up5cmhwfrzgp6st

江戸から続くセックステク

四十八手(しじゅうはって)は、性行為における性交体位の種別を表したものである。江戸四十八手(えどしじゅうはって)とも呼ばれる[1]。この言葉は日本の江戸時代において名付けられたとみられる。表裏合わせて九十六手(きゅうじゅうろくて)ともいわれる。近年では、"百手"ともいわれる。

様々な体位の手本書のようなものですね。 江戸時代から続く由緒正しい(!?)セックステクニックの1つと言えます。

マンネリカップルはぜひトライしてみて♡

江戸48手の体位は、ノーマルなものからかなりのアクロバティックなものまで実に多岐に渡ります。基本の体位からの発展系もたくさんあるので、ちょっと普段とは違う体位にトライ…と気軽に取り組むこともできます。


中には筋力やテクニックを必要とするものもありますので、体力に自信のある方はぜひ挑戦してみてください(笑)


なんか最近ワンパターンなセックスが続いているな…というカップルは、ぜひ様々な体位にトライしていただいて、新しい2人の好みが見つかるといいですね。

「茶臼のばし」ってどんな体位?

簡単に説明すると、騎乗位からの発展系になります。

難易度としてはそんなに高くなく、羞恥心も少ない体位なので、初心者の方にもチャレンジしやすい体位と言えるでしょう。


ポイントは、普段とは違う締め付け感を演出できること、お互いの身体の密着度が増すことです。

騎乗位になる

まずは、男性は仰向けになり、女性はその上にまたがります。そのまま、挿入し、騎乗位になってください。


もちろん、十分に前戯をしてから挿入しましょうね(笑)

姿勢を変える

騎乗位になった状態から、女性は身体を男性の上体に重ねるように倒していきます。


またがった足は、男性の足の間に入れて、男性の足が女性の足を挟み込む体勢になります。


この時、ペニスが抜けやすくなるので、抜けないような角度でゆっくりと足を組み替えましょう。

ローションなどをつけすぎている、もうすでに愛液でビショビショに濡れている、という状態でも抜けやすいので注意してください。

身体を密着させる

男女の上体がぴったりと重なるように密着させます。


大きな身長差がなければ、挿入した状態でキスをすることもできます。

男性は女性の胸とも密着し、その柔らかさを同時に満喫することもできるので、興奮度の高い体位と言えるでしょう。

Jbcmrntvhvs5ne2bfzbs

!!注意点!!

密着度も高く、挿入とキスを同時に楽しむことができるなど、魅力的な体位になりますが、いくつか注意するポイントもあります。



①ペニスが抜けやすい

角度によっては挿入が浅くなるため、ややペニスが抜けてしまいやすい体位にはなります。女性の腰を支えるなど工夫が必要です。


②挿入感がやや下がる

抜けやすい体位ではあること、男性が下から激しく動けないため、男性は挿入していること自体の快感は下がってしまうかもしれません。

その代わり、女性本位で動いてくれる様子がわかるので、精神的な快感が大きくなりますね。

女性は締め付けを調節してみる

男性の足の間に、女性が両足を挟むので、女性は膣に力を入れやすくなります。キュッと締めてみたり、抜けかけても挟んだ足で刺激できるので、女性はそこを工夫してみると、より一層楽しむことができます。


普段とは違う感覚に男性も気持ちよくなってくれるはず。

男性は全身を気持ちよくしてあげる

一方男性は、密着した姿勢から女性の首筋や背中、お尻など、全身を愛撫することができます。特に背中は意外な性感帯であることも多いので、普段以上に優しく丁寧に触れてあげることで、女性の興奮も高まることでしょう。


特に女性は、雰囲気や精神的な興奮が身体の気持ち良さにつながりやすい傾向があります。

いつも以上に、キスや触れることを楽しんでみてください。普段見ない表情や声が聞けるかも…

スポットに当たったり、ピストンしたりと激しい快感を得る体位というよりは、その密着度と普段と違う、という非日常感を味わう体位になります。


そのため、ゆっくりじんわりとセックスを楽しむことができます。


マンネリ化したカップルが、改めてお互いの愛情を確認するような、そんなセックスに向いているかもしれませんね。

「時雨茶臼」

こちらがいわゆる騎乗位のこと。女性が男性の上にまたがる形で挿入します。


ポイントは、男女が垂直になり、女性は上から腰を落とすように打ち付けるというところです。

そして、女性の膣から流れ出る愛液がまるで時雨のように流れることからこの名前がつけられたとか。


女性のボディラインやピストンの様子が全て見えます。

恥ずかしい、と思ってしまいがちですが、むしろ、そこを見せつける…と思って表情もいつもよりオーバーにしてみてください。そんな女性を見て男性が興奮することで、女性にもさらなる快感が下から突き上げてくるかも…♡

「本茶臼」

本茶臼は騎乗位の状態から、上半身を密着させたもの。

茶臼のばしとの違いは、男女の足の組み方になります。

あまり変化がないように感じますが、上半身を密着させることで普段よりも距離を縮めることができるのがポイントです。


男性は、女性の胸に押される形になるので、その柔らかさを満喫することもできます。

女性は、挿入以外でも「愛されている」と感じることが快感につながることも多いので、密着しているということが普段よりも気持ち良さをもたらしてくれるでしょう。

「茶臼がらみ」

こちらもメジャーな体位の1つでもあります。対面座位にあたり、女性が男性に抱きつく形で挿入します。

しっかりとした挿入感と、臥位にはない部分への突きで女性はかなり気持ちいいはず。場所としてはポルチオに当たる感覚が強くなります。


男性は腰を動かしにくい、という点があるのですが、その分女性が気持ちいままに腰を揺らしてくれるのをみて興奮するようです。

Clr9gjckgg2ar7qi5f9j

25歳女性、彼氏と

「茶臼のばし」は前述の通り、男性側の挿入感がやや下がることがデメリットですが、それを逆手にとって、長くゆったりリラックスした、いわゆるスローセックスを楽しむことができました。



彼氏とはもう3年付き合っています。同棲もしているのですが、セックスは週に2回程度に減っています。

もちろん、お互い大切には思っていますが、セックスは少しマンネリしていると言わざるを得ないことも。


特に体位を調べてやったわけではありませんが、今日はこんなセックスができたのでお話しします。



最初は、キスやフェラなどの愛撫から始め、私は騎乗位が好きなので、最初から騎乗位で挿入しました。

ここで1度ググッとお互い気持ちよくなったところで、茶臼のばしになります。


今度は、強い快感からお互いの肌を密着させ、安心感や愛情の再確認…


顔も近いのでキスをしたり、耳を甘噛みしたりが挿入しながらできるのも、楽しい時間でした。

彼は、私の背中を撫でるのですが、それもまたじわじわとした気持ち良さになっていきます。


時々茶臼がらみになることで、密着したまま挿入感を強めて、徐々に快感を強めていき、最後は、正常位で彼が激しくピストンし、フィニッシュ。



普段より長い時間、密着度も高くセックスできて満足でした。

出会うなら…

こんな彼と出会ったのは、実はJメールなんです。

アソビの出会いのつもりが、身体の相性が良くて3年付き合うことになっちゃいました(笑)

↓ ↓ ↓