Khly6fbk7ujasxppiydb

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【元ホストが概説】アイドルはsexでのし上がる?枕営業の噂が絶えないあの子の実態は?

2020.12.03

芸能界の中で勝ち上がるには、どんなことをしてでものし上がっていくだけの覚悟が必要とされます。女性タレントやアイドルは、いわゆる枕営業が当たり前とも言われています。今話題のあのアイドルも、実際は枕営業をしているのでしょうか?

この記事に登場する専門家

Fsr6g9wopfwskchcxlir

下半身の言いなり

夜遊び太郎

幼少時代からお姉さんの身体に興味があったことを覚えています。年月がたった今も性欲は衰えること無く、風俗遊びはもちろん、夜の繁華街で素人ナンパに勤しむことも…。おすすめの夜遊び方法やセックスのテクニックまで幅広くお伝えします!

  1. 「枕営業」が世に知られるようになったのはなぜ?
  2. あのアイドルが枕営業?ネット上で噂になっているあのアイドルの真実は?
  3. 枕営業を断るとどうなる?あのご当地アイドルグループのYは?
  4. ワタクシが夜の新宿で出会った「あのアイドル」
  5. 枕営業は無くならない?Youtubeがそのカギを握る?
Pt1pbtu3fmiyusftibkk

みなさん、こんにちは!


夜の新宿を週に3度はふらりと訪問し、さまざまな風俗店でプロフェッショナルな女性のみなさんに満足させていただいている男、夜遊び太郎です!


夜の新宿なんですが、最近は女性の入れ替わりもかなり激しくて、翌週に同じ店に行くと、新人の女性が入っていることもしばしばです。


中には、「私、元アイドルなんですー」とか言って、芸能活動をしていた時のアブない話を教えてくれる面白い子もいたりするんです!


今日は、元アイドルのお壌さんから得た情報も含めて、芸能界の枕営業事情に切り込んでみましょう!

その①元AKBのS

平成の最後を彩ったアイドルグループと言えば、AKB48グループ。


AKB48だけでなく、SKE、NMB、HKT、NGTなどと、日本全国に存在する一大アイドルグループなのです。


日本全国なんて書くと、まるで風俗チェーン店みたいにも聞こえますがね(笑)


そんなAKBグループのメンバーたちには、枕営業の話が付きまとうそうで、例えばセンターとして人気を集めたM、神セブンの1人であった長身のSやIなどは、週刊誌でも枕営業が示唆されていました!


最近では、総選挙で1位になり、卒業後はタレントとしてさまざまな番組のレギュラーを持っているSが枕営業を疑われていますね!


実際Sは、デビュー初期に男友達とのセックスを疑わせる写真が流出したこともあるなど、下半身も自由奔放なイメージ。


現在の位置に君臨するまでには、数多くの枕営業をこなしてきたのかもしれませんね。

その②ハーフタレントのR

平成の最後に芸能界に吹き荒れた「ハーフタレント」ブーム。


名前にカタカナと漢字がミックスされただけで、破壊力抜群の芸名になるんですが、最近は数が多くなりすぎて少々食傷気味。


そんなハーフタレントの中でも、日本を飛び出して世界で活躍しようとしているRは、デビュー当初から枕営業のうわさが絶えませんでした。


いわゆる「おバカなタレント枠」でデビューしたRでしたが、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった大物タレントSのお気に入りに。


その後、破天荒なトークでひな壇に座らせておくとどんな番組も盛り上げるので人気殺到。


人気上昇の原因は、やはり大物タレントSをはじめとする、多くの芸能関係者への枕営業が原因では?と言われています。


ここ数年、本人がセクシー写真をインスタグラムなどにアップしていることもあり、身体を武器にしていることは十分自覚しているようですが…

その③モデル出身のM

Fkyyxtjxvxsntdjobux4

最近の芸能界は、モデルからタレントにヴァージョンアップする女性も多いようですが、姉妹で同じ流れをたどってきたMは、枕営業の噂が絶えないです。


元々モデルなので、スレンダーなスタイルは多くの男性を虜にするでしょうが、本人も性に開放的なようで、多くの芸能人と浮名を流しています。


数年前に結婚したのですが、その相手は某番組のMCとして活躍する女性タレントの元夫。


Mと結婚する1年前に離婚しているのですが、そもそも離婚の原因がMとの浮気が原因であることがささやかれており、いわゆる「略奪婚」とも言われています。

その④国民的人気のH

平成が始まったころ、国民的な人気を集めたのが、女優のH。


彼女は、地元でも既に美少女として注目されていたのですが、CMのイメージガールに選ばれたことで人気が大爆発。


東京に出てきてから、歌手、ドラマ出演などを積極的にこなし、大学に進学した時はその大学が大パニックになったことも記憶に残っています。


そんな彼女ですが、20代前半になって性の魅力に取りつかれたのか、数々の盗撮動画がアップされるようになりました。


インターネットが家庭に普及するようになった時期とも重なり、性に奔放な彼女の姿がどんどん明るみになっていったのです。


そのこともあり、枕営業もお手の物ではないかとささやかれ、デビュー初期の「これでもか!」という出演攻勢も、彼女の枕営業の賜物とささやかれている次第です。

その⑤ナイスバディで注目を集めたY

平成30年代になって頭角を現した女優のYは、おっとりとした風貌に似つかわない豊満なバストを武器に、令和になっても数多くの出番を得ています。


もともとはそのバストを活かして、グラビアにも挑戦していた彼女ですが、ある日を境に一切水着にもならなくなったのは話題になりました。


この件については、彼女を売り出すために彼女が枕営業をしていたこと、それに対して嫌悪感を抱いていた彼女がセックスアピールする営業を一切やめた、という説があります。


それでも、彼女とされる女性が一糸まとわぬ姿で中年の男性とセックスに興じるとされる流出動画が複数本ネットで公開されているのは事実です。


今のポジションを得るために枕営業にいそしんだ事実、これを消し去りたいと思っているのは間違いないようですね。

Rdnkoajigmbejumzzefg

ちなみに、枕営業を断ると、どうなるんでしょうか?


例えば、AKBグループのあるグループのなかで、エース級の人気を集めていたY。


そんな彼女は、グループ内でのいじめのターゲットとなり、運営とも関係がこじれた結果、グループを脱退し、事務所も移籍することに。


そもそも、彼女がいじめのターゲットになった理由こそ「枕営業」ではなかったのかと、今でもささやかれているのです。


特に、この手のグループは直接ファンとの交流を図る機会もあり、Yファンたちがネット上でさまざまな証拠探しに明け暮れた結果、いじめたメンバーのSNSの書き込みなどを暴露し、世間ではYが有利な状態で騒動が終息しました。


ですが、肝心の枕営業の有無については、前事務所側も一切否定も肯定もしないなど、気味の悪い状態が今でも続いています。

Sk48zmkst1gfp9q0vfi0

ワタクシ、夜遊び太郎ですから、週3回は新宿に出向きます。


そこで出会った「自称元アイドル」のノゾミちゃん(20)は、ワタクシにとんでもないことを明かしてくれたのです。

Woman1

マクラ断ってさ、そしたら一気に仕事が無くなって、風俗で稼がないとレッスン代も出せないんだ!

何でも、枕営業のことは、業界で「マクラ」とか「ナイトステイ(ステイ)」、時には「ミーティング」など隠語でと言われているそうで、ノゾミちゃんはそれを断ったと。


実際、ダンススクールのコーチなど、「この人と縁ができれば…」と思う人には、枕営業に応じたそうなんですけど、精神的に受け付けない人とは拒否!と拒否したんだとか。


すると、今までちらほら入っていたモデルやエキストラの仕事が無くなり、それでもダンスやヴォーカルのレッスン費用は必要なことから、風俗で働くようになったんだとか。

Woman1

アイドル目指してるから苦じゃないんだけど、私より胸のない女とかさ、なんでお前が売れるのってタレントとかいるでしょ?


あれって、枕営業の成果だからねー♪

ノゾミちゃん、これからも風俗でお金を稼いで芸能界で活躍したい夢を追いかけていくとのことですが、何とかうまくいくといいですね!


でも、ノゾミちゃんの言うことが事実ならば、芸能界ってなんと闇の多い世界だか!


スポットライトを浴びるために、汚れた男たちの手できれいな体をみだらに取り扱われると考えたら…なんだか、腹が立ってきて来ましたね!


とはいっても、芸能人が風俗で働いているケースは、実際にあります。


ワタクシも、週刊誌クイーンのグランプリに選ばれたことのある、ローティーンアイドルNと池袋のあるお店で出会ったことがあります。


10代のころからグラビアを席巻していた彼女が、なぜこんな店で?と思ったのですが、何度見てもやっぱりNでした。


その時、高額の指名料を払うお金がなかった私は、店の中ですれ違う彼女を見て驚くしかなかったのでした。

Ht3ejijxadphvlqpzc0p

正直言って、今の芸能界で枕営業はこれからも続いていくのでしょう。


それは、人間関係(というかコネ)を重視する業界の仕組みだから、仕方がないのかもしれません。


ですが、Youtubeの登場により「Youtuber」が注目を浴び始めた今、業界の仕組みが変わるかもしれません。


つまり、コネを重視しなくても芸能界で注目を浴びる方法が誕生したからです!


ワタクシ、枕営業は正直言って否定派です!


そんなことをしなくても、才能や魅力のある女性たちが、芸能界で居場所を見つけられるような機会が、少しでも多くなることを心から願っています!